転職をする前に考えてほしい3つのこと

転職

こうしです。

転職をしたいけど、「何から考えればいいのかわからない」ってことあると思います。

特に、初めての転職だと、なおさら何から考えればいいのかわかりません。

そこで今回は、転職する前に考えてほしい3つのことを、お話ししたいと思います。

やめる理由を明確に

あなたは、なぜ転職をしようと思いましたか?と、聞かれた際、何と答えるでしょう。

多くの方は、金銭的な問題や、職場での人間関係の悩み、上司からのパワハラなど、思いつくと思います。

ここで注意してほしいのは、「なんとなく仕事をやめたい。」、「周りがやめてるから自分もやめたい。」と思っている方です。このような考えの方は転職をおススメしません。もし、なんとなくで仕事をやめて、ほかの会社に転職できたとしても、転職したことを後悔したり、また転職を考えてしまします。

転職する際は、やめる理由を明確にする必要があります。

考えがまとまらない方は、メモ帳などにやめたい理由を箇条書き書いてみると、自分の考えを整理することができます。

やめたい理由を明確にできたら、現状で解決できるか考えましょう。

例えば、職場の人間関係に悩んでいる場合、他部署に移動できるのか、上司や同僚に相談できるのかを考え、解決できるのであれば、転職する必要はなくなります。

お金のこと

転職をしても必ずしも給料が上がるとは限りません。  

むしろ、多くの企業は最初の数か月間、使用期間として給料が時給制だったり、残業ができなかったりするため、「前の会社の給料よりも少ない」なんてこともありえます。

また、実際に転職してみて前の職場との環境の違いや、自分のイメージとのギャップで結果的にやめてしまう可能性も十分あります。

可能であれば、なるべく退職金に触れず、数か月間分の貯蓄があると安心です。

職種のこと

転職を考えるうえで、避けて通れないのがどんな職種を選ぶかということ。

主に、3つの選び方があると思います。

  • 今と同じ職種
  • 未経験の職種
  • 資格やスキルを活かせる職種

今と同じ職種の場合、多少の違いはあれどすぐに順応することが可能です。しかし、仕事に対する会社の考え方や、方向性が違ったりするため、ストレスを感じることがもあります。

未経験の職種の場合、ゼロからのスタートになるため、初めのうちは覚えることも多くとても大変です。その分、今までにない経験や、知識を得ることができるためやりがいを感じることができます。

資格やスキルを活かした職種の場合は、自分の好きなことを仕事にでき、やりがいを持てます。何よりも、珍しい資格は会社から重宝されます。しかし、自分の思い浮かべていた理想とのギャップに悩むこともあります。

いずれの職種でも、それぞれメリットやデメリットが存在します。

自分はどんなスキルがあり、何をやりたいのかをしっかりと考え職種を選びましょう。

まとめ

転職は人生の分岐点です。

転職に成功すれば、充実した生活を送ることができますが、失敗してしまうと、転職したことを後悔し、何よりも充実した生活を送ることができません。

今、本当に転職をするべきなのか、抱えている問題は転職しないと解決できないのかを十分に考える必要があります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました