同業・異業種転職のメリット・デメリット

転職

こんにちは、こうしです。

転職を行う際、転職選びは今後の人生を充実させるために非常に大切なことです。自分に合った環境へ転職できた場合、充実した生活を送ることができます。しかし、自分に合わない環境へ転職をしてしまった場合、充実した生活を送ることができず、後悔してしまうなんてことも十分考えられます。

今回は同業他社へ転職した際のメリット・デメリット、異業種へ転職した際のメリット・デメリットを紹介します。

同業他社での転職 

同業他社へ転職するメリット
  • これまでの経験を活かせる
  • 年収が上がる可能性がある
  • キャリアアップしやすい
  • これまでの経験を活かせる 

同業他社での転職はこれまでの経験や知識を活かすことができ、すぐに即戦力として働くことができます。企業が変わればやり方や考え方も変わりますが、経験がある分未経験と比べ早く仕事を覚えることができます。

経験がある分未経験の職種に比べ、仕事内容が自分に合わないというリスクも低いです。

  • 年収が上がる可能性がある

企業は未経験の人を雇用するよりも、経験のある人を雇用したほうが、教育にかける手間をあまりかけずに戦力として働いてくれるため、採用する側としては未経験よりも経験者を採用することが多いです。

そのため、ほかの人材と比較し多少お金を積んででも採用したいと考えるため、前職よりも年収が上がる金額を提示されることがあります。

  • キャリアアップしやすい

即戦力として転職できると、今まで経験したことがない仕事や、高いポジションを任される可能性も十分あります。任された仕事を確実に行うことで、さらに評価してもらえます。

同業他社で転職するデメリット
  • 評価が厳しいこともある
  • 競業避止義務違反となる可能性がある
  • 転職先がバレると気まずい 
  • 転職後は周りに合わせる必要がある
  • 評価が厳しいこともある 

同業他社へ転職することによって、評価が厳しくなります。なぜなら、評価の水準が上がるためです。即戦力として期待されるため、確実に成果を上げなければなりません。

また、企業が変わればやり方や考え方が変わるため、今まで通用していたやり方が、通用しないこともあります。

  • 競業避止義務違反となる可能性がある 

前職の入社時、退社時に「競業避止義務契約」を結んでいる可能があります。これは、自社のノウハウや技術が他社へ漏れることを防止するため、同業他社でアルバイトをする、転職や独立を禁止する契約のことです。

一定期間内の転職や、独立を禁止している可能性があるため、就業規則や雇用契約書でしっかりと確認しましょう。

  • 転職先がバレると気まずい 

同業である以上、何かしらのイベントや情報交換会などで元同僚と会う可能性があります。また、同じ業界に転職することを裏切りととらえる人もいます。そのことで、なかなか転職に踏み切れない方もいると思いますが、転職しなかったことに後悔しないよう割り切ることも大事です。

  • 転職後は周りに合わせる必要がある

同業他社からの転職者で意外と多いのは、前職での良かった点を語ったり、前職でのやり方を貫き通す人です。こうゆう方は嫌われてしまうことが多く、「そんなに前の職場が良かったのならなぜ転職したのだろう」と思われます。前職での経験を活かすことは良いことですが、前職と現職では考え方もやり方も異なりますので臨機応変に対応し、今の会社に合わせることが大切です。

 

異業種への転職 

異業種へ転職するメリット
  • 自分の興味のある業種で働ける
  • 新たな経験や知識をつけることができビジネスチャンスや人脈が広がる
  • 年収が上がる
  • 自分の興味のある業種で働ける

自分が興味を持っていた業界や仕事に就くことができるので、生活の質や仕事に対するモチベーションを上げることができます。

興味があるからこそ、自分の仕事に対し誇りを持つことができ、苦労や努力にも前向きに向き合えることができます。

  • 新たな経験や知識をつけることができビジネスチャンスや人脈が広がる 

異業種へ転職すれば当然仕事内容も変わります。そのため、今までに無かった経験や知識を持つことができます。

新たな経験や知識をつけることで、ビジネスとしての視野や人脈を広げることが可能です。

  • 年収が上がる

給料の平均年収は業界によって異なります。年収が低い業界から転職した場合、年収が上がることがあります。

また企業の勤務体制や、業務に必要なスキルを身に着けることによって、年収アップを期待することができます。

異業種へ転職するデメリット
  • 仕事に慣れるまでが大変
  • 理想とのギャップに悩む可能性がある
  • これまでの経験や知識が役に立たないことがある
  • 年収が下がる
  • 仕事に慣れるまでが大変

異業種の場合、同業他社へ転職をした際に比べ学ぶことがとても多いです。

仕事慣れるまでに時間がかかり、苦労だと感じる人かもしれません。

  • これまでの経験や知識が役に立たないことがある

異業種へ転職したことにより、業務に必要な知識やスキルも変わります。そのため、今まで使っていた知識やスキルが役に立たなくなるため、新たに多くの知識やスキルを身に着けなければいけなくなる可能性があります。

  • 年収が下がる 

メリットのほうでは「年収が上がる」と言いましたが、年収の高い業界から転職をした場合や、企業の勤務体制によっては年収が下がってしまう可能性があります。

また、異業種に転職すると未経験で就くことになるため、経験年数やスキルの有無などの評価によって、年収が前職に比べ下がってしまう場合も少なくありません。

まとめ

自分に合った企業へ転職することはとても難しいです。ですが、自分のやりたいことや、経験を活かせる企業を見つけることができれば、それをやりがいにできます。

後悔しないためにも自分がどんな経験や知識を活かしたいのか、自分がやりたいことは何なのかを見つけることはとても大切です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました